犬と穏やかに暮らす方法

〜犬と接触する際の注意点〜

今回は犬と接触する際の注意点をお話していきたいと思います。

 

犬と接する際に考えなければならないことは、まず犬の年齢と性格です。
飼い始める際、子犬からなのか、成犬になってからなのか、性格は元気一杯で何にでも興味を持つのか、それとも神経質で警戒心が強いのかなど、犬をよくみることが大切です。

 

人間にも様々な性格があるように、犬にも様々な性格があります。接するときは、人間と同じように相手の年齢、性格をよく見なければ間違った接し方をしてしまう可能性があるのです。

 

……といっても、初めて出会う犬に関してはやることは決まっています。
人も犬もそうですが、初めてあう人との接触は緊張するものですし、どうしても相手を必要以上に見てしまいます。
そんなときにいきなり近づいて体を触られてもあまり嬉しくは感じないのです。
警戒心の強い犬などは、それがきっかけでその後慣れるまでにかなりの期間を必要としてしまうこともあり、とてももったいないです。

 

初めて犬と会ったときは、まず自分から近づくことなく、相手が自分から近づいてくるのを待つことです。相手が近づいてくるということは、こちらに興味を持っているということですので、良好な関係を気づきやすくなります。

 

このとき、もし近づいてこない場合は少しづつで良いのでこちらからも近づいてあげることが大切です。しかし、急に距離を詰めるのではなく、徐々に近づいていき、その間に相手が近づいてくればそれで良し、そうでなければ歩み寄っていくという感じで焦らず、ゆっくりと相手との距離を詰めることが重要です。

 

最初の歩み寄りが成功すれば、自分が安全な存在ということを分かってもらうため、よーしよしと声を掛けながら撫でてあげます。これをまずは続けていくことで、犬は安心感を覚えていくことができるのです。

 

暫くは、声を掛けながら撫でることを続ければ大丈夫ですが、慣れてくると今度は甘噛みをしたり、飛びついてくるようになります。

 

犬と接する上で最初の壁といっていいほど、ここは重要なところになります。

 

犬は古来より集団生活を送る生き物であり、完全なる縦社会を構成しています。これは人間と暮らす上でも同様であり、上下関係をつけるため様々な行動を日常的に起こしています。
それが甘噛みや飛びつきなどの行為なのです。

 

犬が甘えてくるのはとても可愛いですし、つい甘やかしてしまいたくなるのですが、ここを許してしまうと犬は人を下に見るようになってしまうのです。

 

特に甘噛み行為を許すと、犬は人に対して牙を当てても大丈夫という認識が生まれてしまいます。これを長期間放置すると、誰にでも噛みつくようになり、噛みつかれることで人が怖がった場合、犬は「噛みつけば、相手を従えることができる。」とさらに噛みつくようになります。

 

最悪の場合、他人に大怪我をさせてしまい問題になることもあります。

 

こうなっては、もう犬が可愛いとか考えられる状況ではなくなってしまいますよね(T_T)

 

ですが甘噛みを上手く制御することで、このような問題を回避することができます。
そのために必要なことは、毅然とした態度で注意しこの態度を継続させることが重要になります。

 

甘噛みをしてきたら、強めに注意し止めさせる、やめることができたらすぐに褒める、これを徹底して繰り返すだけです。

 

ですが、これは想像以上に根気のいる作業でもあります。特に成犬で噛み癖がある場合、子犬よりもさらに時間が掛かることなのです。

 

途中で甘噛みを許してしまうと犬は「もう噛んでも怒られないから、もっと噛もう。」と考えすぐに噛み癖が戻ってしまいます。
犬もひとも自分の欲求に流されやすいことは変わりません。特に犬は自制心に関しては人よりもかなり低いのはお分かりになると思います。

 

その欲求を上手く制御してあげることが、犬との良好な関係を築く上で大切なことになります。

 

しかし、犬は習慣を身につけることが得意な生き物でもあります。

 

コツコツと同じことを繰り返し教えていけば、ある時点でそれを理解するときが必ず訪れます。そこを過ぎてしまえばあとはかなり楽になりますので、それを目標に頑張ることが重要です。

 

飛びつきにしても同じことが言えるのですが、重要なのは犬が勝手な行動をしたときに、注意して、そして褒める。これが一番のポイントになります。行動にメリハリをつけてあげれば、犬は必ず理解してくれる生き物ですので、大変ではありますが、根気よく取り組んでみてください。犬は必ず応えてくれます。

 

人も新しいことをやったり、覚えたりするときはそれなりに努力を積み重ねていくと思います。

 

それは犬も全く同じで、楽に出来ることに越したことはないのですが、努力しなければできないことは多くあるのです。

 

ですが、そこを乗り越える、しかも一人で行うのではなく人と犬が一緒に乗り越えることで達成感と信頼感を味わえることができます。

 

この経験を積み重ねることで、人と犬は切っても切れない最高のパートナーになっていくのです。

 

今回は、犬との接触をテーマに書いてきましたがまだまだ犬と接する上で大切ことはありますので、様々な観点から犬と楽しく生活していく方法を紹介していきたいと思います。

 

皆さんと犬との生活が少しでも良くなればよいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。それではまた。

 

 

 

関連ページ

〜犬という存在を考える〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜少し知っておきたい犬のルーツ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜散歩のコツについて〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜常識を少し疑ってみる!散歩しないコツ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬との遊び方について〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬の撫で方一つでなつき方が変わる〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬のトイレのしつけ教えます!〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の無駄吠え、どうにかしたい人へ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の唸り癖を直す方法〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の飛びつき癖を直す〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(座れ編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(伏せ編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(待て編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。