犬と幸せに暮らす方法

〜犬が飛びついて困る〜

皆さん、飼い犬が飛びついてきて困ったことはありませんか?

 

何か作業をしているとき、後ろから急に飛びつかれる、散歩中に他の犬に勝手に飛びつくなど、

 

様々な場面で飛びつかれたら困るな〜と思うときがあると思います。

 

逆に、遊ぶときは飛びついてくると「じゃれてきてくれてるのかな?」と思って嬉しいときもありますよね^^

 

ですが、この飛びつくという行為、実はしつけを行う上でかなり重要な部分を占めることをご存ですか?

 

今回はその辺も含めてお話ししていきたいと思います。

〜犬が飛びつくという行為をする理由〜

それではまず、なぜ犬は飛びつくという行為をするのか。

 

それは、犬の本能である主従関係を作るということに起因しています。

 

犬は主従関係を作って生きてきた生き物です。

 

そして自分の立ち位置を確立するための一環として、「飛びつく」という行為を行うのです。

 

この飛びつくという行為を好きにやらせていると、犬は相手より自分が上の存在なんだと考えるようになっていきます。

 

そして、これが様々な問題行動の要因になっていくのです。

 

自分に飛びついてくる犬は確かに「自分になついてくれているんだな。」と感じてしまうのですが、ここで好きにさせてしまうとしつけに支障がでてしまうので、心を強くもってやめさせるようにしましょう。

〜飛びつき癖を直すしつけ方法〜

では、飛びつき癖を直す方法をご紹介していきます。

 

まず、犬が飛びつくを想定します。

 

自分に対して飛びついてくるのか、何かを発見したとき飛びついてくるのか、その両方か、やり方は似ていますが、状況によって少しだけ違ってきます。

 

まず、自分に対して飛びついてきた際のしつけ方法ですが、基本訓練(座れ、伏せ、待て)が出来ている犬に対しては、飛びつく瞬間に待て!と少し強めに言う。

 

その後、座れをさせて正しくできたら誉めて撫でる(おやつがあるならあげてから撫でる)という流れになります。

 

これを繰り返すことで、犬が飛びつかずおとなしく座れば誉めてもらえるという考えになっていきます。

 

では、基本訓練がまだ完全にできていない場合はどうすればいいのか。

 

それは、完全に無視をする方法があります。

 

犬は反応を示さないものに対して、興味を示さなくなります。

 

それは人間にも同じことが言えますが、この習性を利用して、犬が興味を示さなくなったときを見計らい誉める、ということが重要になっています。

 

これにより、犬は「飛びつくことをやめれば誉めてもらえる。」という考えになっていきますが、これも根気よく繰り返すことによって飛びつき自体がなくなっていきます。
ですが、この方法を試す前にできるだけ基本訓練をできるようになることをオススメします。

 

この基本訓練ができるようになると、様々な場面で犬の問題行動を制することができます。

 

基本訓練に関しては、また別の機会に詳しくお話していきたいと思いますので、そのときはよろしくお願いします。

 

次に、別のものに対して飛びつく際にどのようにしてしつけするのかご紹介します。

 

この場合、リードをつないでしつけをすることが一番効果的です。

 

やり方としては、犬が別のものに反応して飛びつこうとする、

 

その際、声を出して「ダメ!」と言いながら、リードを強く引っ張ります。

 

止めたら、すぐに誉めて撫でてあげる(おやつがあればあげてからなでる)。

 

これを、繰り返していくことになります。

 

ここで注意することとして、リードを引っ張るときは一回で強く引っ張るということを意識することです。

 

これは犬にしっかりと怒られているということを理解させるために必要なことで、ここがしっかりしていない場合、犬がなんで引っ張られたか理解しないままストレスを溜めてしまうので、確実に理解できるようにしていきましょう。

 

では、リードを繋いでいない場合どうすればよいか?

 

ここで重要になってくるのは、「声」です。

 

はっきりとした大きな声で「ダメ!」ということで犬に理解させることが重要です。

 

ですが、これを外でやるとしたらなかなか恥ずかしいと思うこともあると思います。

 

この場合は、家のなかであらかじめ飛びつく状況を作るという方法もあります。

 

犬が興味があるものを家に用意しておく、人に飛びつく癖がある犬ならば知り合いに頼んで家に入ってきてもらうなど、

 

あらかじめ飛びつきやすい状況を作り、しつけを行うことで同じような効果を得ることも可能です。

 

無理をしない範囲で、生活環境を見て臨機応変に対応すれば上手くしつけができるようになっていくので、頑張っていきましょう!

〜飛びつき癖を直すことは事故防止になる〜

飛びつき癖のしつけ方法について少しお話してきましたが、この飛びつきを直すことは犬と生活する上でかなり重要になってきます。

 

噛みついたりすることも問題があるのですが、犬が飛びついたり、飛びつこうとしたりする際、犬が苦手な人などはかなり同様してしまうことが多いです。

 

それにより、転倒したりすることもありますし、それが原因でもめ事に発展したりもします。

 

そうなってしまうと、せっかく犬と楽しく暮らしていても水を差される形になり、犬との生活が楽しくなくなってしまう可能性もあります。

 

このようなことにならないためにも、飛びつき癖があればしっかりと直し、犬と楽しく暮らしていきましょう!

 

それでは!!

関連ページ

〜犬と接触する際の注意点〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬という存在を考える〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜少し知っておきたい犬のルーツ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜散歩のコツについて〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜常識を少し疑ってみる!散歩しないコツ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬との遊び方について〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬の撫で方一つでなつき方が変わる〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬のトイレのしつけ教えます!〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の無駄吠え、どうにかしたい人へ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の唸り癖を直す方法〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(座れ編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(伏せ編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(待て編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。