犬と幸せに暮らす方法

〜少し知っておきたい犬のルーツ〜

皆さん、犬のルーツについてご存知ですか?

 

今では馴染みの深い犬ですが、そもそも犬ってどこから来たの?何が祖先なの?なんて疑問に思った人も多いと思います。

 

このサイトは犬との生活について書いていますが、一緒に暮らす犬の元々の起源を少し知っておくことで、さらに愛着が沸くのでは!と思い、書かせて頂きたいと思います。(私もこれを知って犬に対しての見方が少し変わり、愛着をさらに持つことができました。)

 

それでは犬のご先祖様について書いていきたいと思いますが、皆さんが知っている犬は陸上で生活していることが一般的だと思いますが、最初の祖先も同じく陸上で暮らしていました。

 

ですが、今と違うのは木の上で生活していたということです。

 

「ミアキス」という動物なのですが、この動物は犬の祖先というだけでなく、猫、イタチ、クマなどの祖先でもあったとされ、主にヨーロッパから北米にかけて生息していたとされています。

 

このミアキスが生息していた時代は、しばらくは温暖な気候が続いていたのですが、寒冷期が訪れ、次第に森林が無くなっていったことから、草原に棲み処を移すようになります。

 

ここで、草原に移るものと少ない森林に残るものに分かれていくのですが、草原に出た種がイヌ科、森林に残ったものがネコ科の起源と呼ばれるようになっていきます。

 

ここからさらに進化を遂げ、オオカミの祖先と言われる「トマークタス」という動物が誕生します。ちなみにこの「トマークタス」は、キツネやタヌキの祖先とも言われており、たまにテレビなどで見かけるジャッカルもこの動物が祖先となっているようです。

 

そこから子孫を増やしていくのですが、ここで皆さんもよくご存じの「オオカミ」が登場します。

 

どうやって現在の日本まで来たかというと、オオカミが生まれた時代はまだ大地が陸続きになっていましたので、歩いてアジア圏までやってきたと言われています。

 

ここで初めて人の祖先と犬の祖先であるオオカミが出会ったのです。

 

ですが、最初から人が犬を飼いならしていたわけではありません。

 

むしろ、当時の人類にとって、犬の祖先であるオオカミはその存在自体が命を狙われる脅威の存在であったのです。

 

しかし、その一方で別の敵が近づいてきた際、オオカミが吠えることで人にも危険が迫っていることがわかったため、役に立つ場面も多かったのです。

 

では、そんな両者にどのような交流があって今のような関係性を築いたのでしょうか?

 

諸説あるようですが、オオカミの子供を人が拾ってきて育て始め、さらにその中で人に慣れやすい個体を選んでいった結果、人の生活に入ってくるようになったと言われています。

 

ここから犬という種が本格的に始まっていきます。

 

人は狩猟を主に行って生活していましたが、この狩猟に犬は非常に役立ったとされており、力を合わせることで様々な外敵に立ち向かっていきました。

 

これは、人という種が世界に広く生息していくきっかけになっており、もし犬と共存していなければ人間社会の姿自体が違うものになっていたかもしれないと言われているほどです。

 

そこから人はさらに様々な生活環境に合わせて犬の品種改良を行っていきます。

 

もともと犬は狩猟に適した動物であり、鋭敏な嗅覚を用いて僅かな臭いから遠くの獲物を発見し、追い込みながら仕留めるといったこともできました。

 

この特性を活かして、人と協力して狩猟を行っていたのですが、生活環境が多様かしていき、牧畜を行うようになると、家畜や農作物を守る役割を担う牧羊犬が生まれました。(シェパードやコリアなど)

 

その後、戦争が起こり、剣などで戦う戦闘において接近して戦ういわゆる軍用犬なども、当時は貴重な戦力となっていたようです。(現在でいうとブラッド・ハウンドなどがこれに当たります。)

 

ここから次第に実用的なものから、現在のような家庭で可愛がる愛玩動物としての面ももってくるようになっていきます。

 

時代の変遷によって、様々な役割をもつ犬が生まれていきましたが、現在の犬の役割としては主に、

 

・ 家庭用ペット(ゴールデン・ラブラドールなど)
・ 警察犬(ドーベルマン・シェパード)
・ 介護犬(盲導犬など)

 

などが主流になっていると思います。

 

こうして犬の歴史を一つずつ見ていくと、犬と人がどれだけ密接に関わってきたのか、人が発展していく上で犬の役割が大きかったのだなと少しは実感することできますね。

 

今ではいることが当たり前になっている犬ですが、ルーツを辿ると様々な出来事があったことがわかりました。

 

これは犬に限ったことではないのですが、身近なもののルーツを知ることで物の見方が全く違ってきて世界がさらに広がる感じが個人的に私は好きです。

 

犬と人との共存の歴史は、綺麗事だけではありませんが、今日まで共存できたということはこれからも末永く共存できる最良の友だと思います。

 

今回の記事で皆さんと愛犬との距離が少しでも近づいて、幸せに生活できる手助けになれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連ページ

〜犬と接触する際の注意点〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬という存在を考える〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜散歩のコツについて〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜常識を少し疑ってみる!散歩しないコツ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬との遊び方について〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と毎日を穏やかに暮らせるよう私が知る限りの情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います
〜犬の撫で方一つでなつき方が変わる〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬のトイレのしつけ教えます!〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の無駄吠え、どうにかしたい人へ〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の唸り癖を直す方法〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の飛びつき癖を直す〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(座れ編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(伏せ編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。
〜犬の基本訓練(待て編)〜
あなたは犬と生活する際、どのようなことを気を付けていますか?なかなか言うことを聞かなくて困っていたりしませんか?ここでは少しでも犬と楽しく暮らせるようにしつけの基本から紹介していきたいと思います。