犬と幸せに暮らす方法

犬と幸せに暮らす方法〜しつけの基本〜

ここでは犬と穏やかに暮らす方法を私が今まで経験してきたことなどを交えながら皆さんにお伝えして行きたいと思います。

 

まず最初に、犬と接触する際どのようにしていますか?

 

犬が尻尾を振って近づいてきたら可愛くて撫でであげたくなりますよね?
その気持ち、私にもよ〜くわかります(笑)
だってあんなにも可愛いんですからしょうがないですよね

 

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

 

犬は本来、完全縦社会で生きています。
その祖先はオオカミなどになるのですが、群れで生活し、リーダーが存在しますので、リーダーより弱いものはその指示に従いながら行動します。

 

これは人間との間でも言えることであり、犬と暮らす上で自分がリーダーになることで、犬からの尊敬を集めることができるのです。

 

しかし、これは逆もまた然りであり、犬のリーダーになれなければ、犬は言うことを聞かず問題行動を起こしてしまうことは言うに難くありません。

 

犬が近づいてきてすぐに撫でたりしてしまうと、実は相手の要望に無条件で応えることになってしまい、上下関係が逆転してしまう要因になってしまい、これを日常的に繰り返してしまうことでたまに撫でないとき、吠える、噛むして自分の要望を無理やり通そうとしてくるのです。

 

実は、犬は常に群れのリーダーになりたいという本能が働いています。これは遥か昔から群れで生活してきたことで犬の体に刷り込まれていることであり、それが当たり前のことになっているのです。

 

犬がリーダーになるために取る行動は、吠える、甘噛みする、飛びつくetc…他にもたくさんあります。
これらの行動を取った際、飼い主が甘えてきたと思ってすぐに撫でてしまうと犬は自分の行動をすれば撫でてもらえると思い同じことを繰り返すようになります。その結果、相手は自分の言うことを聞く、自分よりも下の存在なんだと思ってしまい、注意しても言うことを聞かなくなってしまうのです。

 

犬が一度相手を下に見てしまうと、その上下関係を逆転させるのはなかなかに至難の技になってしまいます。

 

私自身、犬を飼い始めたとき、そのことを知らずかなり犬を甘やかしてしまいました。結果はいうまでもなく、
私の言うことを聞かず、ずっと吠える、すぐに噛む、家のなかでどこでも用を足すなど、好き勝手に行動していました。

 

皆さんには、私と同じ思いをしてほしくはないので、これから少しずつ犬がなぜ問題行動を起こすのか、可愛がるにしてもどのようにしていけばいいのかを私が今まで学んだ知識を使って紹介していきたいと思います。

 

正しい方法で犬と接していけば、犬は人生になくてはならない大切なパートナーになります。ですが、なかなか何が正しいかは分からないことが多いのも確かです。

 

私の知識が少しでも皆さんの役に立つのであれば、それはすごく光栄なことですので私自身精進しながら皆さんに情報を伝えていきたいと思います。

 

とりあえず最初はここまでにしておき、次は実際に犬と接触する上での注意点をお話ししていきたいと思います。
お付き合い頂けたら幸いです。